/// Aiを退院支援に導入検討!!

医療法人社団KNI(所在地:東京都八王子市、理事長:北原 茂実、以下、KNI)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)は、KNIが目指す「医療をツールとした社会改革」のために掲げている、予防や地域医療まで包括する「デジタルリビングウィル(注1)」、「トータルライフサポートサービス(注2)」、AIを活用して医療の質向上と業務効率化を目指す「デジタルホスピタル(注3) 」の実現に向けて取り組みを開始します。
KNIでは、医療・社会改革の1つとして、医療分野へ高度なICTを活用する「デジタルホスピタルの実現」を推進しています。これまでもNECと、AIを医療分野に活用するための共創活動を行っており、今回の取り組みもその一環となります。
今回の実証では、両者で医療現場の改善箇所を検討・抽出し、経営上影響がある入院期間の適正化を目的としました。そして、退院を遅らせる要因を過去の電子カルテデータから分析した結果、高い改善効果が見込まれる入院患者の不穏行動(注4)の予兆検知と退院先の予測に、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注5)を活用して実証に取り組みました。 その結果、不穏行動の予兆のある患者を71%の精度で約40分前に未然検知するとともに、入院翌日までの情報を活用し、退院支援で重要な退院・転院先を84%の精度で予測できました。これにより、患者の入院長期化の回避による早期の社会復帰や、対応するスタッフの業務負荷軽減、退院待ちの解消にともなう新たな患者の受け入れが期待できます。
今後、2017年12月に開院される北原リハビリテーション病院新棟(東京都八王子市)において、回復期病院の課題解決に向けて、今回の実証、およびAIを活用した更なる取り組みを行います。これにより、患者への満足度の高い医療の提供と共に、病院スタッフの業務改革を実現し、継続的な医療サービスの提供につなげます。
両者は、共創パートナーとして、AIやIoTなど先進のICT技術を活用して、未来の医療と人々を支えるシステムの構築を目指します。

背景

超少子高齢化の進展に伴い、今後、医療の財源不足と人材不足はより深刻化していきます。限られた財源と人材で患者の増加と多様化するニーズに対応するためには、徹底した業務の効率化と医療の質の向上が必要となります。 KNIでは、これらの課題に対して、「デジタルホスピタルの実現」という医療分野へICTを活用して解決する取り組みを積極的に行ってきました。今回はこの取り組みの一環として、経営上影響がある、入院期間の適正化を目的に以下の2つに取り組みました。

今回の取り組みについて                          

  1. 患者の不穏行動の予兆を検知してリスク対策を強化 KNIにおけるカルテ分析の結果、入院患者の約34%に不穏行動が確認されました。不穏行動を起こした患者は、退院が通常の患者よりも約19日遅延しており、スタッフの業務負荷を増大させる要因にもなっていました。 今回の実証では、患者が着用した時計型のセンサーから、バイタルデータ(体温、心拍など)を取得し、これらのデータからAIを活用して特徴を抽出し、不穏行動につながる予兆を検知することに取り組みました。NECの認証技術で培われた機械学習の適用により、人ごとに異なる不穏行動の特徴を抽出し、患者の不穏予兆を平均40分前に71%の精度で検知しました。 これまでは、患者の不穏行動が起こってから対応していましたが、AIで不穏行動を予兆検知することで、予兆段階での対応が見込めます。これにより、患者の入院長期化の回避、対応するスタッフの業務負荷軽減が期待できます。
  2. 退院先の予測により、退院・転院調整を支援 患者の入院時に、自宅、回復期病院、慢性期病院などの退院先を予測できれば、治療と並行して退院・転院調整を行うことができます。 KNIで行った実証実験では、入院翌日の電子カルテデータから退院先を84%の精度で予測しました。 入院の早期の時点から退院・転院調整を行うことで、退院待ちの解消、患者の早期社会復帰、ベッドが空くことによる新たな患者の受け入れも期待できます。

NEC資料

Copyright 2014 SLAA All Rights Reserved