/// 泉州地域における大規模災害の「備え」を考えるセミナー終了

第1部基調講演では、地元岸和田市社会福祉協議会の青山織衣さんから昨年の台風災害直後の取り組みを映像も流しながら振り返ってもらったことで、リアルに当時を思い出せる状況でした。
また、日ごろの備え、等の重要さを改めて確認できた機会になりました。
第2部実践報告では、青山さんに座長をお願いして3名の方にそれぞれの立場から報告を頂きました。
介護支援専門員の立場から泉南市の居宅介護支援事業所の小川宜修氏、行政の立場から阪南市役所の藤村治司課長、最後に医療機器業者の立場から在宅医療機器会社オキシテックの福地功次長、の報告を頂きました。熱いトークで意見交換時間はあまりありませんでしたが、青山さんの進行でちょっとの時間ですが参加者同士で意見交換や感想を述べる時間も設けてもらいました。
これは、昨年を振り返ることがメインではなく、これからを考える機会であったため、有意義なものになったのではないかと思います。
感想からも概ね満足を頂けたことが確認できました。


Copyright 2014 SLAA All Rights Reserved